目の日焼け、予防方法

夏が近づくと、キャンプや海水浴など屋外での活動が増えます。

 

また春先から紫外線量が大幅に増え始め、私たちの身体は強い紫外線にさらされています。

 

女性の方は紫外線が増える春先から夏だけではなく、日頃から紫外線ケアに余念がない人も多くいるでしょう。

 

紫外線は肌へのダメージが大きく、肌が弱い人の場合、日焼けをすることによって肌が黒くならずに、ただれたり炎症を起こして酷いかゆみを引き起こしてしまうこともあります。

 

いわば火傷と同じ状態にまで悪化してしまうこともあります。

 

また、紫外線によるダメージにより皮膚が傷つき、メラノサイトという細胞が刺激を受け、メラニン色素が生成され、シミの原因となります。

 

日焼けというと顔や手足といった部分に重点を置きがちですが、紫外線が当たる部分、例えば、髪なども大きなダメージを受けています。

 

特にケアを忘れがちなところが目です。

 

目の日焼けの予防方法

長時間紫外線を浴びることで、白内障や角膜炎の原因となることもあります。

 

海外では日差しが強い時にサングラスをかけることは何ら特別なことではなく、彼らの瞳の色素の問題から強い光に弱いということもありますが、強い光から守るためにも、サングラスを着用することが当たり前となっています。

 

一方で日本ではサングラスをかけると、ちょっと格好つけていると思われてしまったり、セレブ気取りと思われてしまうことも未だに少なくありません。

 

しかしながら、一番簡単に目の日焼けを予防し、紫外線から守る方法はサングラスを着用することです。

 

この場合、サングラスであれば何でも良いというわけではなく、サングラスを購入する際には、どれだけ紫外線を防ぐことができるのかという点について確認することが大変重要です。

 

チェックポイントとしては、紫外線透過率です。

 

この紫外線透過率が低ければ低いほど、紫外線を通さないということであり、目を守ることができるというわけです。

 

安いおもちゃのようなサングラスやファション性だけのサングラスでは、日焼けを予防することができません。

 

きちんと日焼けを予防したい場合は、機能性を重視してサングラスを選ぶようにしましょう。

 

もちろん、値段もピンキリですが、自分の目的と予算に合ったものを選びましょう。

 

また強い紫外線を浴びた後には、ダメージケアをするためにも、目薬を使うこともおすすめです。

 

紫外線ケアに特化した商品が複数のメーカーから販売されているため、長時間紫外線に当たり、充血したり痛みが出るなど、ちょっと調子がおかしいなと思ったら、試してみても良いでしょう。

 

 

目の日焼けはサプリでブロック!海外セレブ新常識、飲む日焼け止め >>