目の日焼け、涙が止まらないときのケア方法

毎年5月に入ると徐々に日差しのきつい日も増え、紫外線対策が必要になってきます。

 

一年中紫外線対策は必要になりますが、万全に行わなくてはならないのは、紫外線が強くなる夏場といえるでしょう。

 

顔や腕などの体への紫外線対策は万全に行う人は多くても、眼球に対する紫外線対策は、なにもしていないという人が多いでしょう。

 

近年では眼球の日焼けの症状に悩まされる人も増えてきているので、しっかりと対策することが大切です。

 

日差しが強い日に長時間外にいたり、ドライブをした時などに、気が付くと目が真っ赤になっていたり、痛みを感じたことがある人もいるかもしれませんが、これが眼球が日に焼けた症状といえます。

 

眼球は光を感知し、それを脳に伝える大切な器官ですが、他の臓器とは違い常に外気にさらされ、外部から直接ダメージを受けやすいといえます。
紫外線は浴びすぎると肌や人体に悪い影響を及ぼすこともあります。

 

肌と同じように眼球も紫外線を浴びることで、日焼けをしてしまうのです。

 

紫外線がきつくなる夏場には、紫外線とともに太陽の光も浴び、角膜や結膜にダメージを与えてしまい、充血や痛みを引き起こします。

 

この現象は目が炎症を起こしている状態で、肌がひどく日焼けしている状態と同じなのです。

 

紫外線のほとんどが角膜で吸収され、角膜を通り抜けた紫外線は、波長によっては眼球の奥の網膜まで達する場合もあります。

 

そして徐々にダメージが蓄積され、眼病を引き起こすことになるのです。

 

紫外線による眼病としては角膜炎、翼状片、白内障などがあげられます。

 

角膜炎は充血や痛みの他に、涙が止まらないという症状があらわれます。

 

またこの症状は夏場だけでなく、スキー場のゲレンデなどで、強い照り返しの紫外線を眼球に浴びることでも引き起こされます。

 

白内障では目がかすんだり、ものが見えにくい、光がまぶしいなどの症状があらわれます。

 

翼状片では充血や異物感、ドライアイなどが初期にあらわれ、ひどくなると視力障害が起こる可能性もあります。

 

それでは目を日焼けしてしまった時のケアはどのような方法があるのでしょうか。

 

炎症を抑えるためには、休ませることが大切です。

 

目をゆっくりと閉じ安静にするだけで、かなりの効果があらわれます。

 

冷たいタオルをあてるなどの対策をとり、炎症が落ち着くのを待ちましょう。

 

また、症状がひどい場合には、日焼けによる炎症や充血をケアする点眼薬を利用するのも効果的です。

 

 

目の日焼けはサプリでブロック!海外セレブ新常識、飲む日焼け止め >>