目が日焼けで真っ赤!紫外線で充血したときのケア方法

夏と言えば、海や山に出かけたり、釣りやキャンプ、バーベキューなどのアウトドアを楽しんだりすることが増える楽しい季節です。

 

スポーツ観戦やドライブ、旅行などアウトドアではなくても、太陽の光をたくさん浴びて、アクティブに活動することが増える人は多く、紫外線対策が重要です。

 

夏の紫外線は強烈で、短時間でも日に焼けてしまうので、日常的に日焼け止めを使っているという人は多く、こまめに塗りなおしたり、日傘やつばの広い帽子、衣服などを併用して紫外線を防いでいる人も増えてきています。

 

肌の紫外線対策をしっかりしているという人でも、目の紫外線対策をしているという人はとても少なく、太陽の光をたくさん浴びたために、目が炎症を起こして、赤い色に充血してしまうことがあります。

 

炎症を起こして、赤く充血した時には、じんじんとした強い痛みがあることや鈍い痛みがあること、空気がしみるような感じがすることなどがあり、放っておくと涙が止まらなくなったり、場合によっては視力が低下したり、眼球にシミができてしまったりする可能性もあるので、冷たいタオルで冷やすなどのケアをすることがおすすめです。

 

焼けて、炎症を起こしてしまったときには、熱を持っていることが多いので、冷やすケアをすることで炎症を早く鎮めたり、痛みを軽減させる効果を期待することができるので、早めに冷たいタオルなどで冷やすことがおすすめです。

 

また、UVによる炎症や充血に効果がある目薬を使うこともおすすめのケアです。

 

充血してしまった眼球に、薬局やドラッグストアなどで販売されている、炎症を抑える効果がある成分が含まれている目薬を使うことで、日焼けによるダメージを受けた眼球をケアし、充血や痛みを軽減することができます。

 

対症療法ではありますが、冷たいタオルなどで冷やすことと同時に使用することで、症状を悪化させずに軽減することが期待できるので、使用するとよいでしょう。

 

また、日焼けで赤くなったり、痛みや違和感があるときには、スマートフォンやパソコン、テレビなどを見ずに、目を休ませることも大切です。

 

電球の光も刺激になるため、早めに暗い部屋にしてリラックスしたり、眠ることをおすすめします。

 

眠ることで、体が回復し、自然治癒力を高めるとともに、眼球を休めることにもつながるので、炎症を早く鎮め、回復させるために大切なケアです。

 

日焼けをして赤くなってしまった後には、UVカット機能があるサングラスをしたり、炎症がおさまるまで、直射日光を浴びないことも大切なケアになります。

 

 

目の日焼けはサプリでブロック!海外セレブ新常識、飲む日焼け止め >>