目が日焼けで痛いと感じたときの対処法

目に焼けるような痛みがあったり、瞬きをするときに染みるような痛みがあったりするときは、目の疲れやパソコンなどを長時間使用したなどが原因のこともありますが、紫外線による目の日焼けかもしれません。

 

良く太陽が強く出ている日にドライブに出掛けたり、海水浴やプールなどに行った後に、このような症状になりやすいです。

 

このような紫外線の刺激は肌と違って、大変危険なものです。

 

肌の場合は、新陳代謝により肌のターンオーバーが行われて、紫外線によるダメージを受けた肌を新しく生まれ変わらせることができますが、目の場合は紫外線による刺激をそのまま吸収してしまいます。

 

それが焼けるような痛みが出たり、頭が痛くなったりする原因となりますが、ひどい場合は失明につながる重大な症状へとつながることもあるので、注意が必要です。

 

それでは、焼けるように痛い、染みて仕方がないといった状態になってしまったときは、どのように対処すれば良いのでしょうか。

 

対処法としては、まずは良く冷やします。アイシングをして火照りを取った後に、洗浄液などで良く洗います。

 

その後に紫外線対策用の点眼薬で、潤いを与えます。

 

この点眼薬はおすすめで、角膜の炎症を抑え、新陳代謝を活発にする成分であるビタミン類やイプシロンなどが配合されていて、日焼けしてしまった状態を優しく保護してくれます。

 

それでも一向に改善されない場合は、眼科へ行って適切な処置をしてもらいましょう。

 

もとより、このような状況にならないように、日焼けを甘く見ずに、あらかじめの対策をしておくことがとても大事です。

 

紫外線によるダメージを受けないためには、サングラスをしましょう。

 

格好をつけるためにするのではなく、自分の身を守るという気持ちをもって使用するのです。

 

同じように直接のダメージを受けないように、つばの長い帽子を被ることも有効です。

 

帽子は同時に頭も保護することができるので、一石二鳥です。髪の毛があったとしても、意外と頭皮は一番紫外線を浴びる場所でもあるので、帽子はとても良いアイテムです。

 

それからコンタクトレンズをしている人は、UVカットのコンタクトレンズを使用します。

 

さらに、紫外線対策用の点眼薬を利用して、目に潤いを持たせておきましょう。点眼薬は、日光が当たる場所にいる間に何度か点眼するようにします。

 

眼球の痛みがあると、どうしても何かと不便になってしまいます。

 

ですから、まずは対策をしっかりとして自分で守るようにしましょう。

 

 

目の日焼けはサプリでブロック!海外セレブ新常識、飲む日焼け止め >>