目の日焼けで瞳の色が変わるってホント?

日焼け対策は、顔や体に日焼け止めを塗るだけでなく、目から入る紫外線も予防する事が重要です。

 

瞳から吸収された紫外線が原因で、肌を黒くする成分であるメラトニンは活発になります。

 

ここからから入る紫外線を防ぐと、肌の日焼けも抑えられます。日焼けする事で瞳の色が変わるという事は、遺伝子やメラニン色素の量により瞳の色が決定されるためありません。

 

しかし、紫外線は角膜や網膜に影響を与え眼病を引き起こし、老化を早めるため対策が必要です。

 

まずはサングラスをかけることです。

 

サングラスも色が黒いとと瞳が開き、余計に紫外線を吸収してしまうので、薄いものを選ぶと効果的です。

 

薄いものであれば、瞳は閉じがちになり、紫外線を吸収する率を抑えることができます。

 

またUVカット効果のあるサングラスを選ぶことも重要です。

 

帽子をかぶる事も重要です。

 

帽子は顔や首筋を紫外線から守るだけでなく目に入るものも約30%防いでくれます。

 

目薬を使用する事も重要です。

 

日焼けの後に使うタイプや、炎症を抑えるタイプ、など様々な効果のものがあります。

 

次に内側のケアです。

 

ルテインは緑黄色野菜等に多く含まれ、紫外線などのダメージにより体内に発生する活性酸素を除去します。

 

体内では水晶体や黄斑部に主に存在します。

 

年齢を重ねたり、目を酷使すること減少します。

 

また、この成分は体内では合成できません。

 

そのため、積極的に食事で補う事が重要です。

 

次にミネラルです。

 

この成分は他の栄養素の働きをサポートし、体全体が上手に機能するように作用しています。

 

これが不足すると、他の栄養素の効果が充分に発揮できません。

 

また、目や体の老化の原因である活性酸素にも、非常に重要な役割を果たします。

 

アスタキサンチンも欠かす事が出来ない栄養素です。

 

紫外線を浴びた体にはビタミンCやビタミンEが良いとされていますが、紫外線から来る活性酸素と戦う力が強く、それはビタミンEの約1000倍です。

 

また、ムチンも重要な栄養素です。

 

ムチンは角膜の保湿や保護を促し、紫外線から守ってくれるためです。

 

しかし、熱に弱いのでさっと湯で調理するか生を食べます。

 

また、柑橘類の果物に含まれているソラレンという栄養素は紫外線を吸収しやすくするなります。

 

外出前にソラレンを含む食べ物を摂取すると通常よりも紫外線を吸収する率が高くなります。

 

そのため、外出前にソラレンを含む食材を食べる事は控え、夜摂取すると効果的です。

 

また、このソラレンは食べ物だけでなくアロマテラピーで使用されるエッセンシャルオイルにも含まれているものがあるので、外出する前は控え夜寝る前のリラックスタイムに使用すると効果的と言えます。

 

 

目の日焼けはサプリでブロック!海外セレブ新常識、飲む日焼け止め >>