目の日焼け、サングラス以外の予防方法

日焼けというと、ほとんどの人は皮膚から起こるものだと考えます。

 

確かに皮膚を通しての日焼けは存在します。

 

ただこちらに関しては、長袖を着用したり、日焼け止めクリームを活用することで解決できる問題で、ほとんどの人が自分なりの対応策を講じています。

 

しかし意外な部分からも、身体は紫外線のダメージを受けてしまうことがあります。

 

実は普段当たり前に太陽の光を浴びている目も、紫外線から守ったほうがいい部分なのです。

 

メカニズムとしては、眼球から侵入した紫外線が目の細胞にダメージを与え、そのダメージを脳が感じとることで皮膚を黒くするメラニン色素を作るように体へ信号を発信するためです。

 

マウスでの実験でも証明されている現象ですが、その他にも日焼けによって充血やドライアイ、眼精疲労などを引き起こすとされています。

 

また眼病である白内障などを発症する原因ともなるため、目の日焼けは可能な限り予防方法を講じたほうが健康に過ごせるのです。

 

では予防方法として最も適切な方法は何かというと、サングラスを用いたやり方です。

 

紫外線を和らげる方法の中には、帽子や日傘といったアイテムを使うものもありますが、これらは基本的に頭の上から降り注いでくることを前提にした予防方法となっています。

 

紫外線は太陽光のみと考えがちですが、実際は地面からの照り返しやビルの窓ガラスなどの反射もあるため、頭上の紫外線だけを防いでも高い効果は期待できません。

 

そのため、目を覆う形で紫外線を遮断できるサングラスが一番優れた予防方法といえるのです。

 

データとしてはサングラス着用で約9割程度の紫外線が帽子可能とも言われています。

 

ただここで気を付けたいのは、ただサングラスをかければ効果が得られるわけではないということです。

 

まず紫外線を遮断するための加工が施されているものを選ぶのが大前提です。

 

そして着用しても見え方が悪くならないものを探します。見え方が悪いと、どれだけ紫外線を遮断できても眼球と脳が疲れてしまうため、結果的に目のトラブルを招いてしまう危険性があります。

 

自分にとって疲れないサングラスを探すためには、使用されているレンズの知識も重要です。

 

たとえば水面のぎらつきなども抑えてくれる偏光レンズはアウトドア向きのアイテムとなっていますし、紫外線が当たることでレンズが変色する調光レンズは、使用する場所を選ばずに使うことができます。

 

室内でも使用したいものの、色のついたレンズは使いづらい人向けといえるでしょう。

 

 

目の日焼けはサプリでブロック!海外セレブ新常識、飲む日焼け止め >>