目の日焼け、冷やすのは効果的?

海やドライブ、キャンプにバーベキューと、アウトドアのイベントが盛りだくさんで、外に出る機会もぐんと増える夏は、太陽の光をたくさん浴びる季節です。

 

夏の日差しはかなり強いので、日焼けをしてしまうのに時間はかかりません。

 

日焼け止めをこまめに塗って、肌が焼けてしまうことを防いでいる人は多いのですが、肌に日焼け止めを塗っていても、目の日焼けを気にする人は少なく、紫外線の影響を受けてしまう人がとても多いのです。

 

夏の紫外線はとても強いので、紫外線から目を守らないと、病気を引き起こしてしまうこともあり、場合によっては、視力が低下してしまったりすることや涙が止まらなくなってしまったりすること、眼球にシミができてしまうことなどがありますので、注意が必要です。

 

紫外線でダメージを受けた場合、肌と同じように炎症を起こして、赤くなり充血してしまいます。

 

直射日光の下に長い時間いたときに、充血した場合は、紫外線の影響と考えてよいでしょう。

 

まぶたの下など、眼球以外のところが充血したり、短い時間しか太陽の下にいなかった場合は、別の原因かもしれないので、原因を見極めることが大切です。

 

紫外線の影響で充血した場合、痛みを伴うことが多く、じんじんとした強い痛みだけでなく、じーんとした痛みや空気がしみるような違和感を感じるときも、火傷を起こしている可能性があります。

 

炎症を起こして熱を持っているため、肌が焼けたときと同じように、冷たいタオルなどで冷やすことが大切です。

 

冷やすことで、炎症をやわらげ、ダメージを軽減する効果や痛みを軽減する効果を期待することができます。

 

また、炎症を抑えるための成分が配合されている目薬を使用することもおすすめです。

 

紫外線による炎症や充血に効果があるとされている物を選ぶことで、炎症を効果的に抑えることができるので、冷たいタオルで冷やすことと一緒に使うとよいでしょう。

 

薬局やドラッグストアなどで、処方箋なしで購入することができますが、痛みや違和感が続くときや、おかしいと感じたときには、眼科に行くようにすることが大切です。

 

紫外線によるダメージを受けたときには、目薬を使ったり、冷やしたりすることと同時に、パソコンやスマートフォン、テレビなどを見ないようにして、目を休ませることも大切です。

 

明るい電気を早めに消して、よく眠ることで回復力が高まり、痛みや充血を早く軽減することにつながりますので、早めに休むことがおすすめです。

 

 

目の日焼けはサプリでブロック!海外セレブ新常識、飲む日焼け止め >>