目の日焼けケア方法

温かい季節になり日差しが強くなってくると気になるのが、紫外線対策です。

 

日焼けのケアといえば日焼け止めを塗ったり帽子をかぶったり日傘を使ったりという、肌を焼かない事が主流です。

 

しかし、実は目も日焼けしているのです。

 

肌の日焼けのように黒くなったりという事はないのですが、トラブルを引き起こしてしまう可能性があるのです。

 

強い紫外線を浴び続けてしまう事で、角膜が炎症を起こしてしまったり、水晶体の老化を早める原因となります。

 

乾燥や涙が出る、ゴロゴロするなどの症状のほかにドライアイや充血そして、白内障などの原因ともなるのです。

 

そして、目の日焼けをすることで肌も焼けてしまうことがあるのです。

 

せっかく肌が焼けないようにしっかりとケアしていても目に紫外線が当たることでダメージを受けることになってしまい、肌を紫外線から守ろうとして脳にメラニン色素を作るように指示を出すので肌が黒くなってしまうのです。

 

直接は肌は焼けていなくても黒くなってしまうのです。

 

防ぐ方法としては、紫外線カットができるタイプのサングラスを使用することです。

 

紫外線透過率の1・0%以下のサングラスを使うようにしましょう。紫外線透過率が低ければ低いほど紫外線を通さないのです。

 

サングラスのレンズの色は色の濃いものを選びがちですが、できるだけ薄い色の物を使うようにしましょう。

 

レンズの色が濃いから紫外線対策ができているという事ではないのです。

 

レンズが濃いと瞳孔が開いてより多くの紫外線を取り込んでしまうのです。

 

昔使っていたサングラスなどのUV効果のあるものを思い出して使ったり、何年も使い続けているという方もいるかもしれませんが、日傘やサングラスのUV効果は永遠ではありません。UVの効果には寿命があるという事を忘れないようにしましょう。

 

とても気に入っているものでも、シーズンごとに新しいものに交換するなどの方法を考えるようにしましょう。

 

サングラスをつけることには抵抗がある方や、ファッションに合わない場合などはコンタクトレンズやメガネに紫外線カットの効果があるものを選ぶなどの工夫をしましょう。

 

紫外線をたくさん浴びた日には、目も十分に休ませるようにしましょう。

 

寝不足をしないように早めに寝ることや、乾燥や炎症を抑えるようにしましょう。

 

目薬をつけたりすることも効果があります。

 

ケアをしても乾燥や炎症などの症状が治まらない場合には専門の医療機関に受診する必要がある場合があります。

 

 

目の日焼けはサプリでブロック!海外セレブ新常識、飲む日焼け止め >>